タントリックダンス瞑想・コンシャスダンス・エクスタティックダンス

 

<イントロ・ビデオ>

フリーフォームのダンスの、体の動かし方の解説ビデオ・シリーズを、作りました♫ ダンスにあまり慣れていない方は、特にご覧くださいね♫

【ワークを受ける前に、読んでいただきたいこと】

  1. 受けるための、環境設定ガイド

ワークを受ける環境の質が、ワークの成果の50%を占める、と言われています。

ワークを受ける前に、このリンクから、環境設定ガイドを、読んでください。

2. ダンスの映像について

このオンラインクラスは、フリーフォームのダンスです。

自分のうちから自ら起こってくる動きを、全て、受け入れる中で、自分自身に対する気づきを、もたらすものです。型を取るダンスとは対照的です。

”何が正しいか間違っているか””何が美しいか醜いか”という、ジャッジや基準は、ここでは一切、ありません。リズムに無理に合わせて踊る必要も、ありません。

ダンスの映像は、従うべき”お手本”ではありません。一体どう動けば良いのか・・・迷って止まってしまうような時の参考、また、1人で踊ると気が乗らない時の、あなたのダンスのお供として、見たいときだけ、目を向けてください。

私自身、時々で、同じ音楽でも、全く違う動きを取ります。ビデオでも、”見られること””標準的でわかりやすい動き”という考えは、一切持たず、その時の自分自身に素直に、動いています。

音楽・リズムとガイドの助けを得て、自分自身の身体との対話に、フォーカスしましょう。

ダンス瞑想クラス vol.1 ”気づき”

”気づき”の意識に焦点を当てて、自由に動いていきます。

このクラスでは、どう動くか、の指示はほとんど入れていません。

ストレッチも含めて、自分の体が、瞬間瞬間に、どう動きたいと思っているのか、どう動こうとしているのか、対話をしながら、そこに歯止めをかけずに、終始動いてみましょう。

以下、ガイド付きの音楽と、参考のビデオです。

ダンス瞑想クラス vol.2 ”受容性と柔らかさ”

ダンス瞑想のベースとなる、”気づき”の意識を持ちながら、動きとしては、柔らかな動き、感じ方としては、受容性を意識しながら、自由に動いていきます。

特に男女問わず内にある、”女性性”の要素である、”円と曲線”を描く動きを通じて、直線的に体を動かすこととは対照的な、柔らかさを体現していきます。全身にある曲線と円を、見つけていきましょう。

以下、ガイド付きの音楽と、参考のビデオです。

ダンス瞑想クラス vol.3 ”解放といやし”

ダンス瞑想の大きなメリットは、「解放されること」と「いやされること」です。

自由な動きを通じて、今まで抑圧していた自分の表現や、感情につながり、自由に動くことで、「解放された状態がどんなものか」体感していきましょう。

そして、動くこと自体が、ストレスやプレッシャーの正反対である、いやしにつながっていくように、そのように動いていきます。

いやされる=動かずにぼーっとして休息している、というイメージが強い人には、”動くこと自体が、いやしになる”のは、新しい体験です。ここには、日常生活が、いやしに満ちたものに、変わっていく可能性が、秘められています。

以下、ガイド付きの音楽と、参考のビデオです。

ダンス瞑想クラス vol.4 ”解放と祝福”

このクラスでも、引き続き、自分を解放していく、ことに、焦点を当てます。

体の各部位を、解放していく。心・感情を、解放していく。

エネルギーを、解放していく。 これらすべての滞りがなくなった時、自然と

私たちは、今この瞬間を、生きていること、そのものを、祝福できるように、なります。 踊ることで、生を祝福する気持ちを、取り戻していきましょう。

以下、ガイド付きの音楽と、参考のビデオです。