23日 「エネルギーと意識の統合」 日本初公開のタントラ・ヨガ、Hridaya Yogaと瞑想

初日は、伝統タントラをベースにした、日本初公開のタントラ・ヨガである、ヒリダヤ・ヨガと瞑想の、2時間強のワークショップから、タントラのジャーニーに静かに乗り出していきます。平日の慌ただしさを後にした金曜の夜、内なる静寂と深みのある時間を取りましょう。

ヒリダヤ・ヨガとは:

ヒリダヤ・ヨガは、人生の根源に迫る、究極的にシンプルで、非常に深く美しいヨガです。

ストレッチやエクササイズを目的としたヨガとは完全に目的を異にし、高次の瞑想状態を生み出し、生きる事の意味を、ヨガアサナを通じて問うていきます。

陰ヨガにも似通った、静謐な時間の中で深く自らの内へと入り、内なる男女性のバランスを作っていきましょう。

スローで瞑想的なヨガのため、体の硬い人やヨガが初めての人にも向いています。

プラクティスの後は、言葉に出来ない深い満足感と人生への充実感が得られることと思います。

瞑想状態を保ったまま帰途に付き、穏やかな眠りについてください。

タントラ・ヨガについて:

通常のヨガアサナは、エネルギーを高めることが中心になりがちですが、相対する2極の融和とバランスを目的としたタントラのヨガでは、(エネルギー・女性性・Shakti)と(意識・無・男性性・Shiva)を同時に体内で高めていきます。

またタントラ・ヨガでは、チャクラに大きな焦点を置いているのも、他のヨガと異なる、ユニークな点です。

ヒリダヤ・ヨガではまた、2極の統合にとどまらず、ヨガアサナを通じて、全世界と一体化する瞑想へと意識を導いていきます。ヨガアサナ自体が、瞑想となっていきます。

タントラは、元々、ヨガアサナの生みの親です。身体を全面的に肯定し、身体を通じて高次の意識を開発していくヨガの道を切り開いたのは、タントラでした。

ヒリダヤ・ヨガについて:

タントラとヨガを25年間にわたり数千人ー万人規模に教えてきたHridaya yoga創始者のSahajanandaにより開発されたヨガです。ヨガ経典(Patanjali)に示されたヨガの本質に限りなく近いヨガとも言われており、現在世界中から深いヨガを学びにHridaya yoga センターに集まる人が後を絶ちません。