私たち1人1人は、多かれ少なかれ、何かしらの「不安」を抱えて生きています。

将来への不安、お金への不安、人間関係の不安、老後の不安、、、、

街を歩いて、人々の表情を一度、じっくりと、観察してみてください。

はっきりとわかります。いかにたくさんの人が、不安な気持ちを顔のどこかに浮かべながら、歩いているか。

あるいは、不安を隠すかのように、強いふりをして歩いているか・・・

 

不確実性が高い今の世界では、自由であるぶん、人生の未知度が高い(明日どうなるかわからない度が高い)ので、

生活に不安を感じがちです。

私たちの中にいる「インナーチャイルド」:永遠の子どもは、大抵とても怖がりです。

不確実な場面に接すると、このインナーチャイルドがパニックを起こして、安全な方へ方へと逃げようとします。

 

<不安から逃れるために、確かなものに囲まれたくなる>

不安から解放されるためには、「安心する環境を築け」と、私たちは教えられて、育ちました。

いろんな契約を作ったり、ものを得たりして、安心・確実な時間空間や関係性を、構築していきます。

・定職に就く

・添い遂げられそうな相手を見つけて結婚し、家族を作る

・数十年は住み続けられる家を建てる

・老後に向けて貯金を始める

一つ一つの行為は、どれも、とても人間らしく、自然な事で、

きちんと意識していれば、終始、愛に溢れた行為になりえます。

 

<不安が、あなたの人生を縛り付ける時>

でも、「安心できる事」にフォーカスが行き過ぎる時、

例えば

・不安がふと心に上った時、何かを食べる・ケータイの画面に没頭する・漫画を読む・仕事に没頭する、などで逃避する

・人間関係での衝突や、未知度が高い選択など、不安を駆り立てられる事を、ことごとく避ける

・人生の何事も、形式・契約・プランなどで固め抜く

・建てた家・作り上げた家族・仕事など、過去に作ったフレームにしがみつく

これらがパターンになっていくとき、

 

少しづつ、

「不安から逃れて安心する事」自体が、人生の目的へとなっていく事が、ありえます。

 

そして、ケージで育てられた鶏が、鶏舎から逃げることがないように、

「不安から逃れるための手段」に温存し、自由という不確実性への免疫を失い、

冒険やリスクを、全く取ることのできない人間になってしまうかも、しれないのです。

 

<不安から解放されるコツは、確かなものが存在しない事を、受け入れるコト>

「安全にしがみつく」という行為は、「緊張」のエネルギーでできていて、

不安を逆に想定させるものです。

例えば川や海で溺れそうになった時は、矛盾しているように感じられますが、

必死に泳ぐと溺れるだけなので、全身の力を抜いて、ふわんと浮かんでみることが、推奨されます。

同じように、

「未知」を感じた時に、なんの反応もせずに、ただ、全身を脱力させて、深呼吸してみてください。

その瞬間に「ただ存在する」事が、いかに安全で安心な事かが、自然に感じられます。

今月、私は、ある「不安」にさよならをして、「未知」の世界に踏み出す、大きな決断を1つしました。

「確かなものがない」という事実に対して、これまでのパターンは、以下のどちらかでした。

・全身全力で抵抗

・恐怖に震えながら、あるいはがっかりしながら受け入れる

今回は、

「人生には、しがみつけるものが何もない、自分の力でコントロールできるものなど、何もない」

と痛感させられる境地に追い詰められました。その事で逆に、

「だからこそ私は、完全に自由に解放された精神なんだ!」という気づきが、立ち上ってきました。

そんな意思の大転換をし、全身の力を抜いたその瞬間に、

胸の中にずっと抱えていた苦しみ・痛み・重りのようなものが、

一気に体から抜けて、自分がまるで、羽根のように軽やかな存在に、感じられる事ができるようになり、

言いたい事を言い、やりたい事をやれるようにまで、なれるようになったのです。

 

不確実性に飛び込んでみることで、不安から解き放たれる。

みなさんも、不安に思っている事が、もし何かあれば、そんな実験をしてみませんか?

・抑圧している感情・身体・精神を解放してみる タントラ神秘タッチセラピープログラム(人数限定)

・タントラ・女性性の解放/男性性の目覚め・自然と共に輝きと喜びに満ちた生き方へのヒントなどの情報をメルマガでお届け☆最新のリトリート、ワークショップの情報や、最新ブログ記事、読者Q&Aなどもお届けしていきます。メルマガへのご登録は  こちらから